ロープ操作訓練


                                                                   2014/07ページ作製 我孫子山の会

 ◇日時:2012年12月23日/2013年12月23日(いずれも午前10時~2時半)
 ◇場所:我孫子市内 


 2012年12月23日                                                            
 
 ロープ操作訓練の意味
  ロープの訓練は、山行の行程の中で危険地帯の通過を余儀なくされる
 事態に遭遇したときに、そこが安全に、あるいは可能な限り危険を小さく
 通過できること、さらには、もしロープの技術とその装備を備えていなかっ
 たなら通過ができなかっただろう場所(そこで山行が終わりになる)を通過
 し、山行を先に進める、または脱出することを目的に行うものです。
  よく登攀技術、岩登りの実践技術が訓練として行われますが、それと同 時に重要なのは、ロープによる危険回避の仕組みを知識、理論として
 身につけることです。その仕組みは、一連の「システム」として成り立って
 おり、また適用するので、一連の操作として体得しなければならなりませ
 ん。頭の中で操作の知識、手順をしっかりイメージトレーニングをする
 ことが大切です。付属器具類も含めた用法をトータルでものにしましょう。
 
 ■ロープの操作の構成
  ロープ操作過程の全体としての成り立ちは次のとおりです。
  ①危険地帯への接近の察知、②適用する技術の種類と装備類、③そ
 の実践に移る前の準備(自己確保と装備類の確認)、それから④先行す
 メンバーと確保をするメンバーとの役割分担の明確化、⑤先行者の実際
 の通過と後続者の通過(固定ロープ方式の適用)、⑥安全地帯への到
 達の確認、⑦装備の収納----以上です。⑤が実際のロープ操作の技術 内容となります。
  今回はロープの体への連結法、簡易式のロープの連結法、ハーネス
 装着時のロープの連結、ロープを使った下降法(懸垂下降)、自己確保
 のとり方などを練習しました。 


ページトップへ


ザイル操作(ロープワーク)講習

 

   午前中は、ザイルに関連する基本や考え方、仕組みをおさらいします。

 1)登攀(クライミング)の意味

  ①危険地帯(岩山、雪山、その他)通過時のザイルの効用

  ②自由登攀(フリーfreeクライミング)と人工登攀(エイドaidedクライミング)

 2)登攀に使う器具・装備類の種類と目的

  ①ザイル(ロープ):太さと長さ

  ・国際山岳連盟(UIAADie Union Internationale des Associations d’Alpinisme)規格

  ・長さ:20305060メートル、太さ58811ミリ

  ②ハーネス

  ③カラビナ:2

  ④スリング(シュリンゲ):ロープ型とテープ型、その他

  ⑤確保器具(ATC;8字環)

  ⑥その他:登高器、プロテクター、ハーケン、ボルト、カムなど

 3)各種装備・器具の使い方(総論)

  ①ザイル

  ・ザイルのハーネスへの連結

  ・ザイルどうしの連結

  ・ロープの結び方各種

   -ブーリン結び(もやい結び)

   -8字結び(エイトノット)

   -インクノット(マストノット、クローブヒッチ)

   -二重フィッシャーマン結び

   -その他

  ・ザイルの処理(余分の部分の処理法、運搬時の持ち方や回収時処理法)

  ・ザイルのしまい方(収納法)

  ②ハーネス(ウェストハーネス)

  ③スリング(シュリンゲ)

  ・作り方

  ・持ち方

  ・各種の用法・用途

  ④カラビナ 

  ⑤8字環(エイト環)とATC、安全環付きカラビナ

  ⑥登高器(アッセンダーascender

  ⑦その他

 4)ザイルシステムの仕組み(構成)

   ①固定ザイルとアンザイレン

   ②連続continuous登攀と隔時(間欠)staccato登攀

  ・タイトロープ法

  ③確保(ビレイbilay)の意味と確保のとり方

  ・自己確保(セルフビレイ)とシステム確保

  ・ランニング確保(ランニングビレイ)

   ・確保の技術

   ※〈言葉〉確保:行為類型をビレイ、プロテクションともいい、その点(ビレイポイント)をアンカー、

    確保点、支点、プロテクションなどという。

   -確保点をとる場所:通常は立木、枝、岩角、ハーケン、草つき、ボルト、雪上ではデッドマン、スノ

    ーボラード、スノーバーなど

   -確保点に対するセルフビレイのとり方(各種)

   -確保点と主ザイル(メインザイル)の連結法

   -確保点からザイルを伸ばす際の先行者(トップまたはリーダー)の確保

   -中間者(ミッテルMittel)の確保

   -最後者(ラスト)の確保

 5)下降法

  ①懸垂下降

  ②ロワーダウン


 午後は階段を使い、実践を模した訓練とします。

 6)ザイルの伸ばし方、ザイルの下ろし方

 7)ランニングビレイの方法

 8)懸垂下降

 9)ロワーダウン

  10) ザイルのしまい方
 




2013年12月23日
  
        ハイ、よくできました。簡単に体にロープを結ぶときに以前に
       よく使われた結び方で、ブーリン結びです。末端処理をすれ
       ば、有効な連結法です。下はクローブヒッチ(インクノット、マ
       ストノット)で確保点(ビレー点、アンカー、プロテクション)を
       とっているところ。メインロープでとる場合と、下の写真のように
       スリングからとる場合とがあります。
                    
          
         流動分散方式によるスリングの通し方。ペグはハーケ
       ンやボルトと仮定しています。カラビナに通すとき、1回だ
       けスリングをひねるのが要領です。
        木をアンカーにとった場合の自己確保。固定点から
       1メートル程度の長さをとるのが適当です(場所しだいで、
       その長さは異なります)。
     
        固定ロープ方式を採用した場合の自己確保から、
       先行者にロープを送り出す場合。
        十分な傾斜じゃありませんが、原理は同じです。下降器(8
       字環;エイト環とATC、安全環付きカラビナなど)の使い方、
       および体重をロープに乗せて下る練習。
   
       ロープに体重をかけて、感触を知っていくのも一法です。


長い時間、お疲れさまでした。この日には、夕方から忘年会が予定されていました。「喉が乾いたなー」という声が!



ページトップへ

前のページ

トップページへ