我孫子山の会

倉手山山行で/飯豊連峰を背景に
本シリーズのスタート:2015年8月15日/最終更新日:2017年1月12日

 このシリーズでは、それぞれの山行の「記録」の中から、とくに眺望や景観に恵まれた山や峰、森や林・・・つまり「山」を重点としてピックアップし、再構成しました。山行名別に構成しています。
 ほかに「花」をテーマとしても別サイトに収録しました。

それぞれの写真を左クリックすると、拡大写真が見られます。

2015.5.2-4  倉手山(山形県)
2016.5.1-3 三岩岳・窓開山(福島県)
2016.7.9-10 麦草峠・白駒池・にゅう(ニュウ;長野県)
2016.8.11-14 槍ケ岳・大喰岳・中岳(長野県)
2016.8.18-21 飯豊連峰―飯豊本山・大日岳(山形県)

2016.11.12-13 雁坂峠-雁峠・笠取山*
2016.11.26-27 磐梯山


2015年5月2~4日 倉手山山形県) 
麓から飯豊を望む 杉林を行く 林中の人 仲間 飯豊が包む 人のいる世界
人里の気配 玉川を渡り進む 倉手山が近い 若芽越しに 振り返る 倉手山からの飯豊連峰
感極まる 宿営地 飯豊の山々-1 飯豊の山々-2 飯豊の山々-3 タムシバを前景に
飯豊連峰の東の連なり 倉手山の山頂 イグルーの跡形 誰かスキーを? 山頂を後に 玉川を渡り返す



2016年5月1~3日 三岩岳・窓明山(福島県)
遠き会津駒ケ岳の峰々 来し方を振り返る 三岩岳からの相戸駒ケ岳 テント場からの奥日光連山 同左 三岩岳からの会津駒ケ岳



2016年7月9~10日 麦草峠、白駒池、にゅう(長野県) 
 1日目の土砂降りの雨をよそに、2日目は見事に晴れ上がった。「にゅう」からの絶好の展望を切り取ってみた。
「にゅう」から見た富士山と奥秩父 同左(手前右端の峰は中山方面か) 「にゅう」から見た八ケ岳北部と北アルプス遠景
右中央の水面は白駒池
「にゅう」から見た浅間山(右端奥)方面の峰々
中景左は白駒池 深い北八ケ岳の森
「にゅう」から見た奥秩父の峰々
どこを見ても森また森
同左(雲海が晴らしい)
中山展望台からの北八ケ岳方面
上中央は縞枯山、最奥左は蓼科山
「もののけの森」のコケ
青苔荘のすぐ先、にゅうへの途上で
同左



2016年8月11~14日 槍ケ岳~大喰岳~中岳(長野県) 
 4日間晴天に恵まれ、雄大な槍ケ岳~中岳、氷河公園を歩き通すことができた。
槍沢登山道
 大曲を過ぎたあたりから
槍沢上部の眺め
同じく槍沢登山道 大曲を
過ぎたあたりのお花畑
槍ヶ岳最後の登リで
槍ヶ岳山荘を見上げる
殺生ヒュッテのテン場から
見た、モルゲンロートの
気配がする穂先
槍ヶ岳頂上から殺生
ヒユッテ方面を見下ろす
槍ケ岳頂上から
東鎌尾根方面を見渡す
 槍ヶ岳から槍ケ岳
山荘を見下ろす
槍の山頂から見た穂高
連峰に至る尾根筋

槍ヶ岳~穂高間の幾つ
もの3000m峰
穂先への登山道から見た
小槍 クライマーが見える
同じく小槍
槍ヶ岳山頂から見た景色
➡槍ケ岳の山頂
槍ヶ岳頂上から雲の間に
笠ヶ岳が顔を出す
槍ケ岳山荘から
槍ヶ岳を見上げる
大喰岳から見る穂高連峰 大喰岳山頂から見た
槍ヶ岳
大喰岳方面から大きな
槍ヶ岳を望む
中岳山頂から見る常念山脈
左奥が大天井岳、
右が常念岳


2016年8月19~21日 飯豊連峰―飯豊本山・大日岳(山形県) 

飯豊本山(種蒔山より) 飯豊本山(右側から大日岳
〈霧のかかった山)への稜線
大日岳からの復路で
雨に濡れて滑りやすく
夜明け前の、大日岳
方面稜線上の「月」
朝日を浴びる大日岳


切合小屋のテント場
後方は草履塚
下飯豊本山山路から見た 下山路から俯瞰した景 種蒔山から見た三国岳方面 三国岳方面からの大日岳


2016年11月20~21日 雁坂峠~雁峠・笠取山山梨県 

雁坂トンネル入り口脇から 雁坂小屋のテント場 雁坂小屋の朝 雁坂小屋を後に 古礼山展望台からの富士山 同展望台からの眺望


同展望台から 古礼山下の笹原 笠取山 奥秩父の峰を振り返る 笠取山からの奥秩父西部 下山道(新地平への道)


2016年11月26~27日 磐梯山(福島県)